平成28年11月4日ジャーナルクラブ

2016年11月15日 BLOG
Print Friendly, PDF & Email

SIRSを満たす患者さんをみたらAlbと拡張期血圧が今後の敗血症への進展を予測するかもしれない。

Predictors of early progression to severe sepsis or shock among emergency department patients with nonsevere sepsis. Int J Emerg Medicine 2016;9:1–11. doi:10.1186/s12245-016-0106-7

従来定義の敗血症の患者(SIRSを満たす)について、今後96時間以内に更に悪化するか(従来定義の重症敗血症、現在は敗血症)を予測するには、SBPではなくDBPが重要という。論文ではDBPはVascular toneの指標となるとされ、病態生理的には納得がいきます。

詳しくはこちらから
⇒ https://doc.co/BXaFX1

 

昭和大学病院総合診療センターでは後期研修医、スタッフ医を随時募集しております
詳しくはWebsite 特色とメリットを御覧ください