平成28年12月9日 ジャーナルクラブ

2016年12月17日 BLOG
Print Friendly, PDF & Email
尿路結石の診断に超音波によるResistive Indexが有用というのは、1994年頃より指摘されています。エコーで水腎が微妙で、CTを撮るにも決め手に欠けるとき、この方法は役に立つかもしれません。また結石の存在診断については腎〜尿管のtwinkling artifactも有用とされています。今回はそれらについて学びました。

 

Renal arterial resistive index (RI)
下図のようにRenal arterial resistive index (RI) を計算します。腎葉間動脈 (Interlobar artery) もしくは弓状動脈 (arcuate artery) にサンプルボリュームをおきます。また腎上・中・下部の平均をmean RI(以降RI)と定義し、健側との比較をdelta RIと定義しています。(delta RI = 病側RI – 健側RI)特にdelta RI は、結石の有無について感度 88-100%, 特異度 89-100%と非常に優秀な検査特性を持っています。
なお感度、特異度については RI≥ 0.70, delta RI≥ 0.06 をカットオフとした論文が多いです。
 

 

但し、NSAIDsを使用してしまうと6時間で病側の亢進したRIが正常化してくることが知られており(下記文献 6,9 )、NSAIDs使用後のRIの解釈には注意が必要です。

 

Pubmedにおいて “renal colic[Title] AND resistive index[Title]”, “renal colic[Title] AND doppler[Title]” で検索し、小児やRIと関係のないものなどを除外した結果をまとめます。(批判的吟味はなしです・・・。また網羅的ではありません。)

 

First Author.
Journal.
Year (PMID)
患側RI 健側RI 健常者RI 患者
deltaRI
健常者
deltaRI
RI感度 RI特異度 delta RI
感度
delta RI
特異度
NOTE
 1 Tublin MS.
Radiology.
1994 (7972809)
 n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a Sens 44%, Spec 82%, Cut-off RI≥0.70, delta RI ≥0.1
2 Platt JF.
Radiology.
1993 (8430174)
0.77±0.07 0.60±0.04 n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a GS IVU
3 de Toledo LS.
Eur J Radiol.
1996 (8886728)
0.71±0.06 0.62±0.045 n/a 0.09±0.055 0.018±0.01 n/a n/a n/a n/a Cut-off RI≥0.70, delta RI ≥0.06
4 Roy C.
J Clin Ultrasound.
1998 (9800157)
n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a 10% 80% GS IVU
delta RI ≥0.1
5 Shokeir.
BJU Int.
1999 (10210556)
0.73 0.64 0.09 0.001 n/a 77.0% 83.0% 88.0% 98.0% Cut-off RI≥0.70, delta RI ≥0.06
6 Shokeir.
BJU Int.
1999 (10468715)
0.72 0.6 0.11 n/a n/a 70.0% 98.0% 88.0% 100.0% NSAIDs投与後12hrで正常化cut-offは上に同じ
7 Shokeir.
Urology
2000 (10699607)
0.69±0.03 0.63±0.03 Preg 0,64
NonPreg 0.62
0.06±0.01 Preg 0.006±0.003
NonPreg 0.006±0.004
45.0% 91.0% 95.0% 100.0% 妊婦対象Cut-off RI≥0.70, delta RI ≥0.04
8 Geavlete.
Eur Urol.
2000 (11999470)
0.76 0.62 n/a 0.08 -0.001 75.5% 92.5% 80.7% 95.7% GS: IVP Cut-off RI≥0.70, delta RI ≥0.06
9 Bertolotto M.
Radiol Med.
2003 (14612828)
n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a NSAIDs使用後RIが減少
10 Haroun A.
Urol Neph.
2003 (15072483)
0.7 0.59 0.09 0.03 n/a 64.0% 82.0% 100.0% 89.0% Cut-off RI≥0.65, delta RI ≥0.05
11 Akcar N.
J Clin Ultrasound.
2004 (15211674)
0.71 0.6 0.61 0.1 0.03 n/a n/a n/a n/a
12 Pepe P.
Eur J Radiol.
2005 (15607864)
0.73
(0.71-0.87)
0.62
(0.50-0.68)
n/a n/a n/a 98.9% 90.9% n/a n/a Cut-off RI>0.70, delta RI > 1.1*contraleteral
13 Gurel S.
US Med.
2006 (16929011)
0.64 0.63 0.013 0.01 n/a n/a n/a n/a n/a
14 Onur MR.
Urol Res.
2007 (17957364)
0.69±0.44 0.61±0.06 n/a 0.07±0.02 0.01±0.03 n/a n/a n/a n/a
15 Granata A.
Clin Nephrol
2009 (19473637)
n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a 93.8% 95.0% GS: IVP Cut-off RI≥0.70, delta RI ≥0.06
16 Kavakli HS.
Singapore Med J.
2011 (21552789)
0.71±0.07 n/a 0.62±0.03 n/a n/a n/a n/a n/a n/a
17 Sayani R.
Int J Nephrol Renovsc Dis.
2012 (22334796)
0.67 0.59 0.076 0.03 n/a 77.5% 84.3% 92.5% 90.1% GS: IVP Cut-off RI≥0.70, delta RI ≥0.06
18 Azam A.
J Pak Med Assoc.
2013(24397096)
n/a n/a n/a n/a n/a 76.3% 88.1% n/a n/a Cut-off RI > 0.70

Negative studyは、1,4 は有意差があるものの臨床的有用性が疑問、13 は有意差ないという結果でした。
  

Twinkling artifact
Twinkling artifact でググってみると実物が沢山でてきます。
石の表面の粗さにより生じるアーチファクトで、感度90%, 特異度100%で結石の存在を証明できます。(PPV 100%, NPV 67%, Accuracy 92%) *2
特にAcoustic shadowが出にくい小さい石でも、Twinkling artifactはでやすいと言われています。
石の位置と同じレベル、もしくは石より下にFocusがないとArtifactは出にくいという点に注意です。(Focusは下図 △の位置) *3
*2 Ripolles T, et al. Abdom Imaging. 2013 (23011549)
*3 Lee JY, et al. AJR Am J Roentgenol 2001 (11373210)