平成28年9月8日 木曜カンファレンス

2016年9月10日 BLOG
Print Friendly, PDF & Email

9月8日 木曜カンファレンスは、4名の初期研修医が参加し、高齢者の上部尿路感染症の症例から、診断までの過程、鑑別を学びました。

 

症例提示の後、講義として無症候性細菌尿のレビューを用い、60歳以上の女性の10%、男性の5%に無症候性細菌尿がみられること1、高齢者の尿路感染について検討した論文から、後に上部尿路感染症と判明した入院症例では入院時診断に呼吸器感染症が多いこと、高齢者では下部尿路症状が出にくいこと2を学び、高齢者の尿路感染症の診断の難しさを共有しました。

 

1. Nicolle L. ASYMPTOMATIC BACTERIURIA IN THE ELDERLY. Infect Dis Clin N Am 1997;11:647–662. doi:10.1016/S0891-5520(05)70378-0
2. RKHAM, MIN, EYKYN. Delay in the Diagnosis of Bacteraemic Urinary Tract Infection in Elderly Patients. Age Ageing 1996;25:130–132. doi:10.1093/ageing/25.2.130