総合診療プログラムのご案内

総合診療専門プログラムの概要

総合診療専門医プログラムは2018年度より開始される予定です。2017年度までに初期臨床研修を修了された方は、家庭医療専門医資格を得て、その更新時に総合診療専門医に移行する見込みです。総合診療専門医資格を得るためには、以下のような施設群で構成される研修を受ける必要があります。

  • 総合診療専門研修(研修Ⅰと研修Ⅱをそれぞれ 6ヵ月以上、合計で 18ヵ月以上)
    • 総合診療専門研修Ⅰ:診療所・中小病院における研修
    • 総合診療専門研修Ⅱ:病院総合診療部門における研修
  • 必須領域別研修 :内科 6ヵ月以上、小児科3ヵ月以上、救急科3ヵ月以上
  • その他の領域別研修:研修目標の達成に必要な範囲で外科・整形外科・産婦人科・精神科・皮膚科・眼科・耳鼻咽喉科などの各科での研修を行う

上記の研修を、総合診療専門研修プログラムまたは家庭医療プログラムに従って受けていただくことで専門医資格を得ることができます。

昭和大学病院総合診療専門医研修プログラム

 

総合診療専門研修プログラム(日本専門医機構へ申請中、2018年度以降開始見込み)

家庭医療専門研修プログラム(プライマリ・ケア連合学会認定、ver2)

研修予定の一例

昭和大学総合診療専門プログラム
研修施設構成

総合診療専門研修 I 鈴木内科医院、ホームクリニック柏、東品川クリニック
総合診療専門研修II NTT東日本関東病院、東京医療センター、JCOH東京城東病院
選択 消化器一般外科、整形外科、産婦人科、眼科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、放射線科、臨床病理科、リハビリテーション科

昭和大学病院総合診療専門医研修プログラム

当院から5km圏内+モデル地区の熱意ある指導医のもとで研修