スタッフ医募集

昭和大学病院総合診療センターは、育児や介護、様々な理由でフレキシブルな勤務をご希望の方に優しい職場です。一度育児や介護で職場を離れた方や、開業前のトレーニングをご希望の方も歓迎しております。
大学病院での勤務は完全シフト制を採用しており、週38時間以上(日勤8時間、夜勤16時間のカウント)で、フレキシブルな勤務が可能です。原則シフト外での呼び出しはありあません。
大学の勤務に加え、学外施設での診療(8.5時間/週程度)を担当していただくことにより、一定の収入を保証します。また、下記要項によらない非常勤についても募集しておりますので、詳細をご希望の方は、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

昭和大学病院 総合内科 助教

募集人員


若干名

身分


助教

応募資格


初期臨床研修修了者(卒後3年目以上)

勤務場所


昭和大学病院  総合内科

診療科の特色


昭和大学医学部 内科学講座 総合内科(ER)部門は、2003年に発足した昭和大学の中では新しい科です。当部門は内科学講座の中にはありますが、内科、外科、小児科、マイナー科などの既存の診療科の枠にとらわれず、患者さん一人ひとりの最善を考え、患者中心の医療を実践するべく学び続け、より社会に貢献できる医師像を目標としています。
実際の診療は、病院の総合診療センターで、各診療科から派遣されている医師とともに365日・24時間体制で内科系疾患および一部の小児科・外科系疾患の救急患者を診療しています。そして時間外に入院を必要とする患者は、緊急入院病棟にいったん入院して頂き、翌日以降、病態に応じて専門診療科病床に転床もしくは、当センターでひき続きの治療を行っております。
当部門は日本プライマリ・ケア学会認定施設であり、家庭医専門医を目指す医師への後期研修を提供しています。今後は総合診療専門医取得に対する研修も提供する予定です。病院総合医・内科外科を問わず救急診療を行う救急総合医・救急に強い家庭医の育成に取り組むとともに、学生に対しての医学教育にも力を入れています。

20世紀の医学偏重の時代の反省のもと、これからの21世紀は医学から医療への転換をはかる「こころの時代」です。「至誠一貫」の精神の下、患者さんに寄り添い、より健康で幸せになる手助けができる医療従事者の育成を目指しています。総合診療を通して地域の医療を支え、医療の質を高める大きな輪を作りませんか。

給与


・本学規程により決定いたします。
・住居手当、扶養手当、通勤手当、時間外診療手当、当直手当 有
・賞与:年2回(7月、12月)
・年収(見込額):
卒後3年目 520万円
卒後4年目 580万円
卒後5年目 600万円

福利厚生


昭和大学厚生資金貸付制度
私学事業団共済事業貸付制度
財形貯蓄制度
リゾートトラスト、ラフォーレ倶楽部、ベネフィットワンの優待利用施設

社会保険


私学共済保険(健康保険)、私学共済年金(年金)、雇用保険、労災保険

募集期間


随時

選考方法


書類選考、面接

応募書類


・履歴書(本学指定)
・医師免許証の写し
・初期臨床研修修了証明書の写し

お問い合わせフォーム